Nikonのレンズ ズームレンズ

【AF-S NIKKOR 18-35mm f/3.5-4.5G ED】フルサイズ対応超広角レンズの最廉価モデル、その特徴とレビュー!

投稿日:2019年3月25日 更新日:

 

Nikonのフルサイズに対応した超広角ズームの中では、もっとも価格が安い純正レンズ。

実売価格は77,000円ほどとなっており、手の届きやすい純正レンズですね。

 

価格.comのレビューも71件あって4.93と高評価!

焦点距離は広角側がちょっと物足りないですが、トータルで見れば使いやすいレンズです。

 

はじめての超広角ズームとしても良いですね!

 

スポンサーリンク

AF-S NIKKOR 18-35mm f/3.5-4.5G EDの特長


※画像引用元:Nikon(https://www.nikon-image.com/

AF-S NIKKOR 18-35mm f/3.5-4.5G ED 3つの特長

  • 重量が385gでかなり軽い
  • 低価格なレンズだが画質はさすがNIKKOR
  • 旅行用レンズとして人気が高い

 

 

 

重量が385gでかなり軽い


軽いは正義!

 

AF-S NIKKOR 18-35mm f/3.5-4.5G EDは超広角レンズながら、重量がたったの385gしかありません。

単焦点レンズ並みの軽量レンズなんですね!

 

レンズは高画質なレンズになるほど重くなる宿命。

「重くても画質が良いなら…」と思っていた人でも、使うほどに重量がネックに感じてくるでしょう。

 

レンズが軽ければ持ち運びがラクになるのはもちろんのこと、撮影もレンズが軽いほうが集中出来ます!

 

 

低価格なレンズだが画質はさすがNIKKOR


NIKKORレンズの光学性能は凄い!

 

安いレンズ=低画質

 

このイメージは間違いではありません。

 

しかしAF-S NIKKOR 18-35mm f/3.5-4.5G EDは、低価格ながら画質もかなり良いレンズで、人気の理由の1つとなっています。

開放からシャープな写りで、絞れば画面の隅々まで高い解像度を誇るレンズ。

 

その解像度の高さ描写力は、さすがNIKKORレンズとしか言いようがありません!

 

 

旅行用レンズとして人気が高い


旅行に行くなら軽い機材に越したことはない

 

さきほどお伝えした通り、AF-S NIKKOR 18-35mm f/3.5-4.5G EDは385gしかない軽量レンズ。

そして更に、レンズ自体がとてもコンパクトなんです。

 

キットレンズに近い大きさで、持ち歩くときに邪魔になりにくい。

 

なので、スナップ撮影や旅行用レンズとして、とても人気があります!

 

このサイズ感で画質も良いとなったら、人気が出て当然ですよね。

そのせいなのか、初登場時(2013年)からほぼ値下がりをしていないレンズとなっています。

 

 

AF-S NIKKOR 18-35mm f/3.5-4.5G EDのレビューやインプレ

 

※レビューは価格.comより引用しています。

 

AF-S NIKKOR 18-35mm f/3.5-4.5G EDの良い評価

【軽さは性能】ひょんな事からNikon Dfを手に入れ、それまで使用していたD7200よりコンパクトで軽い事からちょくちょく使用していましたが、FX用レンズの大きさ、重さもありメインにはならないだろうと思っていました。
ところが、DfはD7200より画素数が少ないのでPCでRawファイルの扱いや現像処理など動作が軽く私の使用条件にぴったりだった事もあり、問題はレンズの重さ、大きさだけだったので、適当なレンズが無いか探していて出会ったのが軽くてコンパクトな本製品でした。
もちろん写りもよく出番が多いです。もう少し長焦点が長ければ言う事なしですが・・・コンパクトが遠ざかって・・・

【最高の広角レンズ】

開放からとてもシャープで色乗りが良く単焦点レンズかと思うほどの表現力。寄れるしボケも綺麗で逆光に強い。画角は超広角の18mmから順標準35mmまであってとても便利。インナーフォーカスなのでズームリングを回しても全長が変わらず、ズームリングを触らなければぶら下げていても焦点距離が勝手に変わることもなく扱いやすい。それでいてこれほど軽量(300グラム代)なレンズは他のメーカーには無いのでは。

ちなみにDxOMarkでは広角側で同じ焦点距離と開放F値の単焦点レンズのZeiss Distagon T 18mm f/3.5 ZF2よりもスコアがずっとよく、重量もずっと軽い。

このレンズだけでNIKONを使う十分な理由になる。

【広角ズームの中から一本選べと言われたら・・・】

半年ほど使用したので、レビューを投稿させていただきます。

軽い広角ズームが欲しかったのが、購入の動機です。
当レンズの前に、タムロンのSP15-30を持っていましたが、もう少し気楽に持ち出せる広角ズームが欲しく、純正16-35/f4と比較検討の結果、当レンズを選択。
選択の理由は、①風景を撮るときは三脚を使用するのでVRは不要、②手持ちでの夜景撮影はしないこと、そして③軽さ&コンパクトさの3点です。
また、DxOMARKのスコアも当レンズの方が優れており、純正16-35よりも後に開発されていることもポイントとなりました。

現在は、旅行に行く時を含め、常に携行する一本になっており、最近購入したD850との相性もなかなかで、当レンズには非常に満足しています。

 

AF-S NIKKOR 18-35mm f/3.5-4.5G EDの悪い評価

 

全71件のレビューの中で、悪い評価の物は1つもありませんでした!

 

強いて言えば広角側のスタートが、16mmからが良かった。と言う意見くらいで、みなさん非常に満足されています。

 

 

AF-S NIKKOR 18-35mm f/3.5-4.5G EDの主なスペック

発売日 2013年3月7日
対応マウント Nikon Fマウント
フルサイズ対応
レンズ構成 8群12枚
絞り羽根 7枚
焦点距離 18-35mm
最短撮影距離 0.28m
最大撮影倍率 1/5 倍
開放F値 F3.5-4.5
画角 100~63°
手ブレ補正 ×
防塵 ×
防滴 ×
フィルター径 77mm
本体サイズ 83x95mm
重量 385g
実売価格 77,000円前後

 

 

 

AF-S NIKKOR 18-35mm f/3.5-4.5G EDの作例


※画像引用元:Nikon(https://www.nikon-image.com/

 

 

まとめ

こんな方におすすめ

  • 気軽につかえる広角ズームが欲しい
  • 旅行に持っていくレンズを探している
  • コストパフォーマンスに優れた広角レンズが欲しい方

 

神レンズと言っても良いほど、高評価なAF-S NIKKOR 18-35mm f/3.5-4.5G ED。

高画素機で使われているかたも多く、4500万画素にも耐えられるレンズ。

 

低価格なレンズと言えば、柔らかい表現が得意であったりしますが、AF-S NIKKOR 18-35mm f/3.5-4.5G EDはとてもシャープで解像力も高めです。

発売は2013年と少し前ですが、現在の高画素時代を見越していたレンズですね!

スポンサーリンク

おすすめブログ

-Nikonのレンズ, ズームレンズ

Copyright© プリモカメラ , 2019 All Rights Reserved.