未分類

一眼レフ&ミラーレスの連写速度ランキングTOP10!

投稿日:2019年1月30日 更新日:

 

野生動物やスポーツシーン、またはお子様の一瞬の表情を撮るのに重要となるのが連写速度!

速ければ速いほど、決定的な一瞬を写真に収めることができますね。

 

これまで連写速度が速いカメラと言えば、一眼レフのフラッグシップモデルでした。

しかし今ではミラーレスが連写速度が速く、手軽に高速連写機を手にする事ができるようになりましたね。

 

今回は一眼レフとミラーレスの中から、連写速度の速いカメラをランキング形式でご紹介致します!

 

 

スポンサーリンク

【1位】Canon EOS-1D X Mark II

 

連写速度16コマ/秒

 

Canonのフラッグシップモデルが堂々の1位!

スポーツカメラマン報道カメラマンの方が、良く使っているカメラですね。

 

データ容量が多くなってしまうフルサイズセンサーを採用していますが、画像処理エンジンを2つ積むことでデータの処理速度を上げています。

そのおかげで、これだけの高速連写が可能になっているのですね!

 

さすがフラッグシップモデルと言える仕上がりです。

 Canonのフラッグシップ一眼レフで、フルサイズで高速連写が出来るカメラ。フラッグシップモデルとはメーカーの最強のカメラで、最新の技術が凝縮されたハイスペックさが特長! なのでお値段はメチャクチャ高いですが、価格なりの高性能さを持っています。...

 

 

【2位】OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II

 

連写速度15コマ/秒

 

OLYMPUSのフラッグシップモデル。

連写速度第2位を誇るプロ機ですね。

 

電子シャッターを使用すると、AF固定で60コマ/秒。

AF追従で18コマ/秒と、他社を圧倒するハイスペックカメラ!

 

60コマ/秒とかになると、普通なら記録画素数を落としての連写になるのですが、OM-D E-M1 Mark IIは画素数を落とさずに60コマ/秒の連写が出来ます!

 OLYMPUSのフラッグシップモデルで、これまでに様々な賞を受賞したミラーレスです。圧倒的なほど連写性能の高いミラーレスで、AF/AE固定最高60コマ/秒・AF/AE追従最高18コマ/秒の驚異的な連写速度を誇ります! さらにフレームレート120fps、タイムラグ0.00...

 

 

【2位】OLYMPUS OM-D E-M1X

 

 

連写速度15コマ/秒

 

OLYMPUSのあらたなフラッグシップモデル。

OM-D E-M1 Mark IIよりも連写速度はすこし劣るものの、最高のプロモデルとして開発された最新型です。

 

縦グリップ一体型となっており、ミラーレスの欠点であるバッテリー持ちの悪さを解消。

さらには世界最高となる7.5段分の手ブレ補正を搭載しています!

 

画像処理エンジンは2基搭載され、5000万画素相当のハイレゾ撮影も手持ちで出来るようになりました。

ボディはクソでかいですが、ミラーレスの中では最強の動体撮影機となっています。

 

 

 

【4位】Nikon D5

 

連写速度14コマ/秒

 

Nikonのフラッグシップモデル。

連写速度は4位となってしまいましたが、圧倒的な高感度性能が特長!

常用ISOは102400と、とんでもない数値となっており、暗い場所でも速いシャッタースピードを保てます。

 

NikonのD5と言えば、あのNASAが53台もまとめ買いしたことでも有名。

トラブルの少ない信頼性と耐久性も兼ね備えています!

※2018年11月29日に更新しました。 Nikonのフラッグシップモデルで、フルサイズ一眼レフでありながら圧倒的な連写速度が特長!AFシステムもD5用に開発されたもので、AF専用エンジンまで搭載しいかなる被写体も逃しません。 D5と言えばアメリカのNASAが大人...

 

 

【5位】LUMIX DC-GH5

 

連写速度12コマ/秒

 

動画撮影に特化したミラーレスとして登場し、世界初の4k/60fpsに対応したミラーレス。

なので、高画質なビデオカメラみたいなイメージがあるDC-GH5。

しかし一眼カメラですので、写真を撮る能力も高い!

 

連写速度は5位となっており、4K PHOTOモードを使えば最高で60コマ/秒の連写も可能!

手ブレ補正も5段分の効果があり、安心して撮影出来ますね。

 ミラーレスとしては世界初の、4K/60p動画撮影に対応したミラーレス。 写真撮影よりも動画撮影を得意とするカメラで、発売当初はYouTuberの方に大きな注目を集めました!写真撮影の能力も「6K PHOTO」の機能により、約1800万画素の写真を30コマ/秒で撮影する...

 

 

【5位】LUMIX DC-GH5S

 

連写速度12コマ/秒

 

DC-GH5の派生モデル。

画素数は約半分の1028万画素となりましたが、高感度性能が大幅にアップ!

 

高感度は不利なマイクロフォーサーズながら、ISO51200にまで対応しました。

 

また動画撮影も強化されていて、4K/60fpsを維持しながらCinema4K(4096×2160)という大きなサイズにも対応。

ミラーレスを使って動画を撮りたいのなら、DC-GH5Sがかなりオススメのカメラです。

 LUMIXの動画撮影に特化したミラーレスで、DC-GH5の派生モデル。 より高感度に強くなり、動画撮影ではCinema4K(4096×2160)に対応!個人でもクオリティの高い動画作品を、手軽に作れるようになるミラーレスです!  DC-GH5Sの特長※画像引用元:...

 

 

【5位】SONY α99 II ILCA-99M2

 

連写速度12コマ/秒

 

SONY唯一のフルサイズ一眼レフ。

一眼レフと言っても中身はミラーレスみたいなものですが(笑)

 

4240万画素とかなりの高画素機ながら、連写速度は12コマ/秒となっておりとんでもないモンスターカメラ。

オートフォーカスも当時ではハイスペックな「ハイブリットAF」を採用しています。

 

高画素機で高速連写したいというワガママを叶えてくれるカメラ。

電子ビューファインダーなので、見た目のわりにバッテリー持ちが悪いのが唯一の欠点でしょうか。

 ミラーレスがメインとなりつつあるSONY。フルサイズの一眼レフは、α99 IIが唯一残っています。 そう聞くとしょうが無しにラインナップに残ってる感じを受けますが、このα99 IIは超絶ハイスペック! 時代の流れとはいえ、一眼レフを縮小するのは勿体...

 

 

【5位】LUMIX DC-G9

 

連写速度12コマ/秒

 

LUMIXのフラッグシップモデル。

OLYMPUS OM-D E-M1Xが登場するまでは、マイクロフォーサーズ最強のミラーレス。

 

当時世界最速の0.04秒でピントの合うオートフォーカスに、これまた世界最高の6.5段ボディ内手ブレ補正を備えていました。

動体撮影機として突き抜けた性能をもちつつ、「高画質な写真も撮りたい!」と言う方のために、8000万画素相当の写真が撮れるハイレゾモードも搭載!

 

まさに隙のない構成です。

 

このカメラの凄いところはこれだけではありません。

こんなにハイスペックなのに、お値段がとんでもなく安いんです!

 

2019年現在の価格は125,000円となっています。

ミドルクラスくらいのお値段でフラッグシップモデルを手にすることが出来るんですね!

 LUMIX DC-G9(LUMIX G9 PRO)は、ミラーレスの中でも最強クラスのカメラ!ハイスペックに関わらずカメラの値段がとても安いので、抜群のコストパフォーマンスの良さも持っています。 このカメラが登場してから、ルミックスに乗り換えた方も多いですね!&n...

 

 

【9位】SONY α9 ILCE-9

 

連写速度11コマ/秒

 

SONYのフルサイズミラーレスの中で、最強の動体撮影機がα9です。

Hi設定でシャッタースピードが1/125秒以上の条件であれば、追従20コマ/秒の連写力があります。

 

2420万画素フルサイズセンサーでありながら、この連写力は圧倒的ですね。

 

またオートフォーカスも像面位相差AF(625点)+コントラストAF(25点)のハイブリットAFを採用!

ミラーレスの欠点であったバッテリー持ちの悪さも、専用の新バッテリーを開発し、従来のおよそ2倍にまで伸びました。

 キャッチコピーは「光を捉え続ける」 それに虚偽はない、圧倒的なオートフォーカスと連写性能を持ったミラーレス。このカメラが登場したことで、一眼レフのラインナップと同様に、高画素機・動体撮影機・高感度機・バランス機がミラーレスで揃いました!&...

 

 

【9位】SONY α6400 ILCE-6400

 

連写速度11コマ/秒

 

2019年に登場したばかりの、APS-Cセンサーを採用したミラーレス。

 

現在世界最速の0.02秒でピントが合うオートフォーカスが魅力!

425点像面位相差AF+425点コントラストAFのハイブリットAFを採用し、APS-Cセンサーのミラーレスでは最強のカメラではないでしょうか。

 

ISO感度も32000にまで高められ、瞳オートフォーカスもパワーアップしており、なんでも撮影できるマールマイティなミラーレスですね!

※画像引用元:SONY (   こんにちは、梅野(@kerocamera_ume)です! &nbsp…

 

 

【9位】SONY α6500 ILCE-6500

 

連写速度11コマ/秒

 

SONYのAPS-Cミラーレスのフラッグシップモデル。

α6000シリーズでは唯一、ボディ内手ブレ補正を搭載しています。

 

手ブレ補正以外のスペックはα6400に抜かれた感じですが、お値段がちょっぴり安くなってきています。

 

バランスの良い性能と本体のコンパクトさ、そして安心の手ブレ補正が備わっており、サブカメラとしての人気もまだまだ高いですね!

 前モデルα6300から1年も経たずに登場した、APS-Cセンサーのフラッグシップミラーレス。 画素数やオートフォーカス、連写速度などは代わりはありませんが、ボディ内手ブレ補正やタッチ操作に対応したモニターが採用されました。グリップ部分も改良されより...

 

 

【10位】OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II

 

連写速度10コマ/秒

 

OLYMPUSのミドルクラスミラーレス。

ミドルクラスとは言え、マイクロフォーサーズの良さを活かした連写速度を持っています!

 

発売当時は世界最高の5.0段分ボディ内手ブレ補正を持っていました。

その後、ファームウェアアップデートでさらにパワーアップし、現在は6.0段分の手ブレ補正となっています。

 

他にはとても見やすいファインダーが特長で、暗い場所でも見やすいくなる機能や、光学ファインダーモード(シミュレーション)などがあります。

 強力な効果をほこる、5軸手ぶれ補正を搭載した高速連写機のミラーレス。 発売してから年数は経ちますが、ファームウェアアップデートで、今でも新機能を追加したり性能を向上させたりしてまして、まだまだ現役のカメラです。 普通ならアップデートし...

 

 

【10位】Nikon D500

 

連写速度10コマ/秒

 

NikonのAPS-C一眼レフでは最強モデル。

 

今となってはトップクラスのカメラですが、発売当初はAPS-Cセンサーで敵なしのモンスターカメラ!

圧倒的な高感度性能とオートフォーカスシステム、さらには超高耐久のボディ設計で、アマチュアでも気軽に手に入るフラッグシップモデルとして人気が高いです。

 

今でもAPS-C一眼レフの中では、最強の動体撮影機となっています!

※2018年11月29日に更新しました。 ニコン D500はフルサイズセンサーのフラッグシップモデル「D5」と同時期に発表された、APS-Cセンサーのフラッグシップモデルです。発表当時は圧倒的なスペックを誇っていて、カメラファンがザワつきました。 ニコンの経営...

 

 

まとめ

 

はじめて買うカメラで、連写力を重視する方は少ないかと思います。

風景を主に撮影したい方には、あまり関係のないスペックでもありますしね。

 

しかし、動物や子供を撮る人にとってはかなり重要となる要素!

また一瞬を逃してはならない、スポーツカメラマンや報道カメラマンも連写速度重視のカメラを使っています。

 

連写力のあるカメラは、ほとんどフラッグシップモデルですので、お値段は高いですが耐久性もバツグンで長持ちしますし故障が少ないメリットもあるんです!

スポンサーリンク

おすすめブログ

-未分類

Copyright© プリモカメラ , 2019 All Rights Reserved.