ミラーレス 2000万画素~ マイクロフォーサーズ ハイエンドモデル LUMIX 連写が早い 動画撮影も得意

【LUMIX DC-GH5】動画撮影に特化したミラーレス、その特徴とレビュー!

投稿日:2018年9月22日 更新日:

 

ミラーレスとしては世界初の、4K/60p動画撮影に対応したミラーレス。

 

写真撮影よりも動画撮影を得意とするカメラで、発売当初はYouTuberの方に大きな注目を集めました!

写真撮影の能力も「6K PHOTO」の機能により、約1800万画素の写真を30コマ/秒で撮影する、超高速連写も備わっています。

 

 

スポンサーリンク

DC-GH5の特長


※画像引用元:パナソニック

 

DC-GH5の3つの特長

・デジタルカメラの枠を超えた動画撮影
・動画撮影をサポートする手ブレ補正
・最大60コマ/秒の高速連写

 

デジタルカメラの枠を超えた動画撮影

 

業務用ビデオカメラで多く採用されている「4K/60p」での動画記録を、ミラーレスとして世界で初めて可能にしました。

 

さらには4K 4:2:2 10bitのSDカード記録・400Mbps ALL-Intra記録の機能も加わり、充実した4K動画撮影が出来ます。

上に貼らせて頂いた動画を見ていただければ分かると思いますが、これほどコンパクトなカメラで撮影したとは思えない写りの良さ!

 

 

動画撮影をサポートする手ブレ補正


※画像引用元:パナソニック

 

ボディ内手ぶれ補正は最大で5段分の補正ができ、写真撮影はもちろん動画撮影のときにも強力にサポートしてくれます。

 

静止画の撮影時には、ボディ内手振れ補正とレンズ内手振れ補正のハイブリット「Dual I.S.2」に対応。

5軸+2軸の手振れ補正効果が得られます。

 

※Dual I.S.2に対応したレンズはこちらから確認できます。

https://panasonic.jp/dc/lens/dual_is.html#dualis-lens

 

 

最大60コマ/秒の高速連写


※画像引用元:パナソニック

 

ルミックスのカメラと言えば「4K PHOTO」による、高速連写が魅力の1つでした。

 

DC-GH5ではさらに強化され、4K PHOTOは60コマ/秒(8M画質)の超高速連写速度に!

そして、より高画質で連写できる6K PHOTOも追加。

 

こちらは18M画質で30コマ/秒の連写速度が可能になっています。

 

 

DC-GH5のレビューやインプレ

 

※レビューは価格.comより引用しています。

 

DC-GH5の良い評価

【静止画も動画もハイレベルでオールマイティな1台】

GH5sなんかも発売されましたが、そのことによってGH5の良さが際立ったと個人的には思います。GH5sは動画専用機、静止画のことはあまり考えていない機種(高感度が2段向上しているみたいですが、それよりは強力なデュアルISを使えるボディ内手ぶれ補正のほうが自分には好都合。また、1000万画素の静止画は今時って感じかな。1600万画素くらいあるなら良かったけど)です。自分はEM-1 Mark2も持ってます。動画目的でGH5sに鞍替えしなかった点として、EM-1 Mark2は望遠レンズ専用機、GH5には広角レンズ、マクロレンズをつけて静止画も撮影することも自分は日常的にあるからです。GH5sにボディ内手ぶれ補正が付き、もう少し画素数が多ければ鞍替えしたと思います。ただ、そういった点を割り切ったGH5sは車で言うならフォーミュラカーみたいなもで一般人である自分には不要だと思いました。暗部での動画撮影などは全くしないので、GH5でこのまま行く予定です。AF性能のことをよく言われますが、あまり気になりません。動画も静止画も高次元でバランスされたものがGH5であると思います。G9も出ましたが、同じ値段帯ならGH5の方がお得感が満載だと感じています。

 

【4K60Pが欲しければこれしかない】

個人で気軽に撮れるビデオカメラとしては価格も画質も満足がいくものです。
4K60Pを撮ろうと思うと、他にはUX-180くらいしか手が出ません。
GH5のほうがビデオカメラタイプよりコンパクトで可搬性にすぐれています。
新登場のLeicaレンズが動画に最適化されており、画質はもちろんですが、AF動作もスムーズで迷いがなく安定感がありました。

 

【民生用動画機では神機!】

GH5は基本性能・使い勝手がGH4からの大幅に進化しており、GH4も手元にありますが全く使わなくなりました。もちろん欠点もありますが、この価格でこの大きさでこれだけの機能を持った民生用動画機は皆無だと思います。ちょっと凝った作品を作りたいアマチュアにとっては、まさに神機だと思います。

 

DC-GH5の悪い評価

【良いカメラだけにあえて辛口で】
GH5単体で使用していた時には気になりませんでしたがGH5Sと併用して使用するようになり少し気になる点がいくつか出てきてしいました。
同じ4K60Pで撮影した素材にもかかわらず編集時にグレーティングなどをしていると画質がGH5Sに比べると劣って見えてしまいます。

その他、カメラの出し入れできずいた事は、アイカップが引っかかりやすく一度外れてアイカップのロックが甘くなってしまうとすぐに外れやすくなります。
私は予備のアイカップをいつもバックに忍ばせて不意のトラブルに対応できるようにしておりますが、現在品薄が続いている所を見ると多くの人がこのアイカップで悩んでいるのではないのでしょうか?
大手メーカーにはこのあたりの細かな所まで気配りが欲しいと感じます。

 

【動画AFと電池持ちがネック】
m43にしてはダイナミックレンジが広く手振れ補正も悪くなく画質面でもそれなりに満足しているのですが、動画AFに関しては残念としか言えません。AFが遅いだけではなくボワッと不自然な感じになります。やはりコントラストAFに拘り、コンティニアンスAF方式を採用していないパナ機のAFが弱いのは仕方がないかもしれません。
また、電池持ちが最悪です。動画性能を売りにしているカメラにも関わらず、ここまで電池持ちが悪いと23万の価値があるのかと疑いたくなります。4K60pに踊らされて即買いしたことを今では後悔しています。
ライバル機種としてソニーのα6500があるのですがGH5を売却してそちらを購入しようかと思っております。

 

 

DC-GH5の主なスペック

 

発売日 2017年3月23日
タイプ ミラーレス
センサーサイズ マイクロフォーサーズ
画素数 2033万画素
高感度 ISO200~25600
連写速度 12コマ/秒
シャッタースピード 1/16000~60 秒
AF測距点 225点
液晶モニター 3.2インチ・162万ドット
ファインダー倍率 1.52倍
ファインダー視野率 100%
撮影可能枚数 400枚(ファインダー使用時)
記録メディア SDHCカード
SDカード
SDXCカード
Wi-Fi
Bluetooth
NFC ×
本体サイズ 138.5(幅)x98.1(高さ)x87.4(奥行) mm
重量 645g
実売価格 169,000円前後(ボディのみ)

 

 

まとめ

こんな方におすすめ

  • デジカメで動画撮影もこなしたい
  • 高速連写で決定的な瞬間を捉えたい
  • 4K PHOTOの多彩な機能を使いたい

ミラーレスでありながら、本格的な動画撮影が出来る唯一無二のカメラ。

動画撮影にだけ特化しているのではなく、写真を撮る能力も高い。

 

1台で静止画と動画、両方をハイクオリティで撮影できるマルチプレイヤーなんですね!

 

4K PHOTO機能の「フォーカスセレクト」「フォーカス合成」は大変便利で、初心者に起こりやすいピントズレを無かったことにしてくれるため、良いカメラが欲しい初心者の方にもピッタリ!

 

スポンサーリンク

おすすめブログ

-ミラーレス, 2000万画素~, マイクロフォーサーズ, ハイエンドモデル, LUMIX, 連写が早い, 動画撮影も得意

Copyright© プリモカメラ , 2019 All Rights Reserved.