未分類

ミラーレスの画素数ランキングTOP10!

投稿日:

 

「主流」をついに一眼レフから奪ったミラーレス。

ミラーレスがメインの時代となり、これまでは消極的だったNikonCanonと言った、一眼レフの大手メーカーも本格的にミラーレス機を開発し始めました。

 

販売されているカメラの種類で言えば、一眼レフよりもミラーレスの方が多い!

また性能を特化された専用機も多くリリースされています。

 

ラインナップが豊富になったミラーレスの中で、画素数の高いモデルをランキング形式でまとめてみました!

 

 

スポンサーリンク

【1位】Nikon Z7

 

画素数は4575万画素

 

Nikonのフルサイズミラーレス第一弾モデルが、画素数1位を獲得!

最強の一眼レフと呼び声高い「D850」の、ミラーレスバージョンと言えるカメラです。

 

発売前は色々と酷評されましたが、ふたを開けてみれば高評価の嵐!

もちろん悪い評価もありますが、良い評価の方が圧倒的多数となっています。

 

4575万画素と高画素機でありながら、デメリットを解消している新世代の高画素ミラーレス!

 遂に登場したNikonの本格的なミラーレス!まず第一号機として登場したのは「Nikon Z7」 フルサイズセンサーを搭載し、画素数はD850とおなじ4575万画素!いきなり高画素機を出してきたんですね。 さらにはこれまで長年にわたって採用していたFマウン...

 

 

【2位】SONY α7R lll ILCE-7RM3

 

 

画素数は4240万画素

 

Nikonの一眼レフ「D850」に対抗するように登場した新型機。

シリーズ3代目となる、SONYの高画素ミラーレス「α7R lll」

 

画素数こそは前モデルと同じでしたが、高感度性能や連写速度と言った高画素機のデメリットを解消!

さらにはミラーレスの欠点であった、電池持ちの悪さも改善した新時代のミラーレスです。

 

以前までは画素数の高いカメラという印象しかありませんでしたが、性能のバランスが良くなり使いやすいカメラへとパワーアップしています。

 SONYの高画素機シリーズ「α7 R」の最新モデル。 画素数自体は前モデルと変化がありませんが、高画素機の欠点をことごとく解消し、ミラーレスの中では最強のカメラと呼んでいいほどパワーアップしました! 初心者におすすめのカメラと言えば良くエン...

 

 

【3位】SONY α7R II ILCE-7RM2

 

画素数は4240万画素

 

SONY高画素ミラーレスの2代目。

オートフォーカスが大幅に進化し、これまで使いにくい印象のあった高画素機を、一般向けにしてくれたカメラ。

 

登場時は420,000円と超高価なカメラだったので、買える方は少なかった…。

しかし今では、後継機が発売されたこともあり、170,000円ほどに値下がりしています!

 

ありえないほどの下がり幅ですが、200,000円を切ったお値段でしたら、購入しやすい価格ですね。

 ソニーのミラーレスラインナップでは、高画素を担当するα7 Rシリーズ。α7R IIはその2代目にあたります。 フルサイズセンサーとしては、当時世界初となる「裏面照射型構造」を採用!CCDとCMOSの欠点を解消した画期的なセンサーで、集光率が大幅にアップ。4...

 

 

【4位】SIGMA sd Quattro H


SIGMA ミラーレス一眼 sd Quattro H

 

3860万画素(5100万画素相当)

 

レンズメーカーであるSIGMAから発売されたカメラ。

APS-Hという珍しいセンサーを採用しています。

 

「クセが凄い」

「夏場は熱暴走する」

 

と、なかなかのじゃじゃ馬っぷりを見せてくれるカメラですが、SIGMAのレンズと組み合わせれば超高解像度の写真を撮影できる。

個性とロマンにあふれたモデルとなっています!

 

 

【5位】SONY α7R ILCE-7R

 

画素数は3640万画素

 

フルサイズミラーレスの高画素機としての第1弾モデル。

 

連写速度が4コマ/秒と遅い。

バッテリー持ちが悪い。

 

と欠点もありましたが、ミラーレスでもこれだけ解像度が高い写真を撮れる!というのを示してくれたカメラ。

なぜか後継機のα7R llよりも、高い価格で現在販売されています。

 

 

【6位】Canon EOS R

 

画素数は3030万画素

 

ついに登場したCanonのフルサイズミラーレス。

他社のバランス機よりも高い画素数となっています!

 

EOS Rはオートフォーカスの性能が高く、AFポイントは驚異の5655点。

また暗い場所でもオートフォーカスが作動するように、AF低輝度合焦限界EV-6にまで対応しました。

 Nikonに続いて一眼レフの王者Canonも、フルサイズミラーレスが登場!APS-Cミラーレスを次々と発売していましたが、ついにフルサイズミラーレスにも参入しました。 これまではSONYの1強でしたが、一眼レフで圧倒的なシェアを誇るCanonの参入で、これまでの...

 

 

 

【7位】FUJIFILM X-T3

 

 

画素数は2610万画素

 

FUJIFILMの第4世代となる新APS-Cセンサー「X-Trans CMOS 4」を採用したミラーレス。

ハイエンドモデルのカメラで、性能のバランスの良さが売り!

 

ボディ内手ブレ補正が無いのが残念ですが、FUJIFILMの特長である「フィルムシュミレーション」もしっかり搭載されています。

画質が悪化した&良くなったと、評価が分かれているカメラでもあります。

 第4世代となる新センサーを採用した、新型ハイエンドミラーレス。画素数は2610万画素にまで高められましたが、高感度性能の高さも維持しています。 今回は高速連写が特長となっていて、ブラックアウトフリーで30コマ/秒の高速連写が可能となりました。マ...

 

 

【8位】Nikon Z6

 

画素数は2450万画素

 

Nikonのフルサイズミラーレス第2弾。

Z7が高画素機なのに対し、Z6は使いやすいバランス機として登場しました!

 

こちらも発表当時はいろいろと叩かれましたが、実際に使われている方の評価は高い。

Nikon初のフルサイズミラーレスとしては、上々のスタートを切ってくれたカメラです!

 Nikon Z7に続いて、ついに登場したZ6。Z7は高画素機で高精細な画質が特長のカメラですが、Z6は使いやすさを重視したオールマイティモデル。 Nikon D750のミラーレス版のようなカメラです。 画質・高感度・連写のバランスがよく活躍する場が広いです...

 

 

【9位】α7 II ILCE-7M2

 

画素数は2430万画素

 

ベーシックモデル第2弾。

初代で問題があった、レンズマウントの耐久性を向上し、フルサイズミラーレスでは初となるボディ内手ブレ補正を搭載しました。

 

このころはSONYしかフルサイズミラーレスを出していなかったため、SONY α7llは大人気モデル!

一眼レフを使っていた方が、このカメラに乗り換えることも多かったですね。

 SONY製ミラーレスの、初代フルサイズ機。 2013年の発売ですが現在でも購入でき、ボディ単体の価格は100,000円を切るため、とても手に入れやすいフルサイズ機となっています。【初代】と言うこともあり、色々と不具合もあった機種なのですが、現在は対策さ...

 

 

 

【10位】FUJIFILM X-T100

 

画素数は2424万画素

 

FUJIFILMのミドルクラスミラーレス。

APS-Cセンサーを搭載しながらも、とてもコンパクトなボディが特長!

 

3方向に動くチルト式モニターを採用し、自撮りがしやすいミラーレスです。

 

デザインもクラシカルな雰囲気を出していてオシャレ!

若い世代にも人気があるシリーズですね。

X-T100はミドルクラスのミラーレス。性能はそのままに小型化し、使いやすさも良くなったモデル。 モニターはXシリーズ初となる、3方向に可動するチルト式モニターが採用され、自撮りしやすいカメラになりました。バッファメモリも増えていますので、連写が止ま...

 

 

まとめ

 

ミラーレスもかなり高画素化してきていますね。

スペックではking of cameraの一眼レフと比べても遜色はなく、一眼レフにとって代わるでしょう。

 

ルミックスもフルサイズミラーレスへ参入する予定になっており、さらに競争が激化することは間違いなし!

各メーカーがどんどん新型ミラーレスを登場させて来るでしょうね。

 

ランキングに変動がありましたら、更新させて頂きます!

スポンサーリンク

おすすめブログ

-未分類

Copyright© プリモカメラ , 2019 All Rights Reserved.