Nikon 一眼レフ エントリーモデル APS-C 2000万画素~

【Nikon D3400】ニコンのエントリーモデル一眼レフ、その特徴とレビュー!

投稿日:2018年7月1日 更新日:

 

 

D3400はNikonのエントリーモデル一眼レフで、低価格とは裏腹にしっかりとした性能と小型さが売りのカメラ。

 

初めて一眼レフを手にした人には大きいカメラだと感じるかも知れませんが、上位機種の一眼レフを使っている人がD3400を持つと思わず「ちっさ!」と言ってしまう小ささです(笑)

 

そのくらい一眼レフの中では小型で軽量なモデルなんですね。

 

 

 

スポンサーリンク

D3400の特長


※画像引用元:ニコン(http://www.nikon-image.com/

 

D3400 4つの特長

●小型・軽量のボディ
●APS-Cセンサー採用
●スマホとの連携機能が強化

●小型・軽量なボディ

 

 

まずなんと言っても、小さくて軽い一眼レフだと言うこと!

上位機種になると重い・大きい・荷物になるの三重苦ですが、D3400の大きさなら女性でも気軽に撮影が楽しめます。

 

機材の軽さは正義である。

 

あなたを華やかにしてくれるアクセサリーなどは、デザイン重視で重くてもガマンできると思います。

しかし一眼レフは「道具」
軽ければ軽いほど疲れにくく撮影の楽しさに繋がるので、一眼レフの面白さを知るには持ってこいの機種!

 

 

 

APS-Cセンサー採用


※画像引用元:ニコン(http://www.nikon-image.com/

 

カメラの画質は画素数の多さではなくセンサーの大きさで決まります。

D3400に採用されているAPS-Cセンサーは、上から2番目に大きなセンサーなので高画質な写真を撮れるし、憧れの背景ボケもカンタンに楽しむことができます!

 

エントリーモデルだからと言って、画質の悪い写真しか撮れないなんてことは無い。

むしろ初心者用にしてはスペックが高すぎるくらいですね。

 

 

 

スマホとの連携機能が強化


※画像引用元:ニコン(http://www.nikon-image.com/

 

ココ最近のSNSブームによって、一眼レフにも追加されたものがあります。

それはWi-FiやBluetoothのスマートフォンと連携する機能!

 

数年前の一眼レフには通信機能がなく、Wi-Fiが付いているモデルも珍しかった。

※上位機種だとオプション品として外付けできる物がありました。

 

 

そのためどうしてもWi-Fiを使いたい人は、Wi-Fi機能がついたSDカードを使っていましたが、これがまた電池の消費が激しくて使いたいのに使えないアイテム…。

D3400には始めからBluetoothが内蔵しているので、わざわざ特殊なSDカードを買う必要もありません。

 

それにNikonの「SnapBridge」と言う専用ソフトをスマートフォンにインストールしておけば、一眼レフで撮った写真を自動でスマホに転送してくれるのでとても便利です。

これなら一眼レフで撮った写真を、すぐにSNSへアップすることが出来るわけですね!

 

 

 

D3400のレビューやインプレ

 

レビューは価格ドッドコムより引用しています。

 

D3400の良い評価

 

【エントリーモデルながら、ポテンシャルは高い】 エントリーモデル相応に操作性や質感に物足りなさもありますが、基本性能はしっかりしており、ローバスフィルターレスのシャープな画質と出来の良い付属レンズ、SnapBridgeの利便性は期待以上でした。SNS用にスマホよりちょっと綺麗な画像撮影が主体、時々本気撮り。という自分の様なライトユーザーには非常にコスパが高いモデルです。購入して良かったです。 初めてのNikonですが、ミラーレス機では無かったイイ感じのシャッター音や手にしっくり馴染むグリップ感などで、改めて撮る楽しみを気付かせてくれました。

【想像以上にガチなエントリーモデル】 正直、想像以上に完成度が高く、初心者向けながら上級者のサブカメラとして、場合によってはメインカメラとしても使えるポテンシャルを秘めている。画質に関してはJPEGでは若干派手だと感じれば、ピクチャーコントロールのフラットやナチュラルを選択しておけば、落ち着いた色味となる。 操作性が初心者向けということ以外は、かなり本気な1台。末永く使えるカメラと言えるだろう。

 

【よく出来た今時のカメラ】 1か月ほど使ってみて特筆しておきたいこととして、発色の自然さがあります。 以前、ニコンを使用していたとき、花を撮った時に、実際の色とのかい離があって発色が地味に写る傾向がありました。例えば、桃色の花びらを撮るとやや色褪せた桃色に写ってしまい、あとで画像を見て落胆した経験があります。 しかし、このセンサーとエンジンの組み合わせでは、そういう違和感を覚えたことはありません。かと言って誇張もなく、実際の色と同じで、色の再現性が極めて自然です。

 

 

D3400の悪い評価

 

【ピント合わせが難しい】 8月にD3400ダブルズームを買ったのですが、動き回る子供を撮るときや、ここにピントを合わせたいのよ!って時に いまいちピントが合わせずらくて4カ月でD5600に買い換えました(^^;) D5600は初心者の私でもみごとにピンと合わせてくれます。

 

D3400のレビューまとめ

 

高評価がほとんどで、やはりエントリーモデルとしては性能が高い点が受けているみたいですね。

 

悪い点に上がったのが「ピントが合わせにくい」

AF測距点が11点と少なめなので、動きの速い子供やペットの撮影は苦手みたい。

 

エントリーモデルは総じてAF測距点が少ないので、動体撮影は弱点と言えますね…

 

 

 

D3400の主なスペック

 

発売日 2016年9月16日
タイプ 一眼レフ
センサーサイズ APS-C
画素数 2416万画素
高感度 ISO100~25600
連写速度 5コマ/秒
シャッタースピード 1/4000~30 秒
AF測距点 11点
液晶モニター 3インチ・92万ドット
ファインダー倍率 0.85倍
ファインダー 視野率95%
撮影可能枚数 1200枚
記録メディア SDHCカード
SDカード
SDXCカード
Wi-Fi ×
Bluetooth
NFC ×
本体サイズ 124(幅)x98(高さ)x75.5(奥行) mm
重量 395g
実売価格 55,000円(ダブルズームキット)

 

エントリーモデルとしてはかなり充実したスペックを持っているので、一眼レフの凄さを味わえる。

 

ダブルズームキットのレンズを使ってみて、思っていたのと何か違うと感じたらシンデレラレンズを購入して見てください。

キットレンズでは味わえなかった、より高画質で背景ボケを楽しめますよ!

 

 

 

まとめ

 

こんな方におすすめ

  • とりあえず一眼レフが欲しい
  • 小さいカメラが良い
  • 軽くて荷物にならない物が良い

 

D3400の凄さはこれだけ小型なのに、しっかりと主流のスペックを押さえている事でしょう。

この価格帯でISO25600にまで対応しているなんて少し前では考えられなかった性能なんです。

 

初心者にありがちな失敗の1つと言えば手ブレ。

特にシャッタースピードが遅くなってしまう、暗い室内や夜の街では手ブレが起こりやすい。

しかしISO25600にまで対応しているのなら、手ブレすることはかなり少なくなり後で写真を見返した時にガッカリすることもなくなりますね。

 

 

Nikonのカメラで写真を撮ってみたいと思う方には、購入しやすい価格で初めての1台にオススメ出来る一眼レフです。

スポンサーリンク

おすすめブログ

-Nikon, 一眼レフ, エントリーモデル, APS-C, 2000万画素~

Copyright© プリモカメラ , 2019 All Rights Reserved.