Nikon 一眼レフ フルサイズ ハイエンドモデル 4000万画素~ 高画質が特長 コストパフォーマンスが高い

【Nikon D850】史上最強の一眼レフ、その特徴とレビュー!

2018年7月7日

※2018年11月29日に更新しました。

 

ニコンの高画素機を担当するのがD850です。

他社の高画素機が4000万画素を超える中、前モデルのD810は3635万画素と数字がすこし見劣りするようになっていました。

 

そしてついに登場した新型D850は4575万画素にパワーアップ!

これでライバル機に並んだと思いきや、その他の性能もとんでもないカメラだったんです。

 

 

 

スポンサーリンク

D850の特長


※画像引用元:ニコン(http://www.nikon-image.com/

 

D850 3つの特長

・DxOMarkで史上初の100点を超えたセンサー
・高画素機の弱点をみごとに克服
・史上最強の一眼レフ

 

 

 

DxOMarkで史上初の100点を超えたセンサー


※画像引用元:ニコン(http://www.nikon-image.com/

 

海外の検証サイト「DxOMark」
センサーやレンズの性能を数値で評価していて、とても分かりやすい。

D850は4575万画素にパワーアップを果たしたわけですが、それだけではなかったんです!

 

デジタル一眼レフカメラとしては、DxOMarkで初となるセンサースコア100点を獲得。

 

単純にみれば1番写真をキレイに撮影できるカメラだと言うことなんですね!

センサー屋であるSONYのミラーレス、αシリーズが90点後半を取りまくっていましたが、D850に搭載されたセンサーが最も優れたセンサーであると評価されました。

写真で高画質を求めるならD850を買っておけば間違いないって事です!

 

 

 

高画素機の弱点をみごとに克服


※画像引用元:ニコン(http://www.nikon-image.com/

 

これまでの高画素機は画質の1点特化で、連射速度や高感度性能が犠牲になっていました。

たたでさえ手ブレにシビアになる高画素機なのに、高感度も弱いと夜間はスナップ撮影しどころではありません…

 

ですが、D850は高画素機の欠点を尽く解決!

前モデルのD810と比較してみましょう。

 

  D850 D810
画素数 4575万画素 3635万画素
高感度 ISO64~25600 ISO64~12800
連写速度 9コマ/秒~7コマ/秒 6コマ/秒
AF測距点 153点 51点

 

高感度はISO25600まで対応し、充分な性能となったので撮影の幅が広がりました。

連写速度もあがり、アクセサリーの「マルチパワーバッテリーパック MB-D18」を使用すると最大で9コマ/秒。

これが無い状態でも7コマ/秒です。

 

そしてオートフォーカスはNikonのフラッグシップモデルで、動体撮影に特化したD5の物をそのまま搭載。

D5とD500同様にオートフォーカス専用のエンジンまで積まれて、高画素機ながら動体撮影も得意なカメラへと生まれ変わりました!

 

 

 

史上最強の一眼レフ

※画像引用元:ニコン(http://www.nikon-image.com/

 

画質だけでなく、全ての面でパワーアップし最早敵無しの最強一眼レフになりました。

そして画質の良さが売りにも関わらずその他の性能も高いため、バランス機泣かせの高次元のバランス機となってしまいました。

 

現在、一眼レフの中ではライバルは居ない状態で、D850に対抗できるのはミラーレスのSONY α7RIIIのみ。

カメラ自体の性能が凄すぎるため、究極の初心者用カメラとも言えるのではないでしょうか。

※多少のミスはカメラが全部カバーしてくれるため。

 

 

 

D850のレビューやインプレ

 

レビューは価格.comより引用

 

D850の良い評価

 

【持つ喜びが感じるカメラ】 5年の進化はさすがで、D800の不満点はかなり解消され、D800系の完成形だと思います。 電子先幕シャッターと、フォーカスピーキング表示など、ミラーレス機とのハイブリッド機になり、ミラーレス一眼同様メカニカルシャッターを使用しないためにシャッターの使用限界の数を気にしなくてもいいので、連続撮影を多用するユーザーには嬉しい機能だと思います。 バッテリーグリップでEN-EL18aを着ければ秒間9コマの連写ができ、高画質な連続撮影が可能になりました。

【安心して使える汎用性の高いカメラ】 期待通り、D810を超える画質をD500の機能性・操作性を体感できています。 多機能・高性能・高画質を安心して使えるカメラなので大満足です。

【最高の1台】 D800Eから5年の歳月を経て出たD850はやはり素晴らしいです!! 一時はD810を購入しようか迷いましたが、待って良かったです。 全てに於いてD800Eを凌駕していると実感しました。 ただ一つ残念なのが内蔵フラッシュが無くなった事です。私は逆光での撮影が結構多く、その時結構フラッシュを使う機会が有るのですが、内蔵だと簡単に使用できてとても重宝していました。後付けのスピードライトは大きくでかさばるので、持ち運びなどで荷物が増え、かさばるので邪魔になりそうで嫌です。 D90 D300S D700 D800Eとニコンばかり使用してきましたが、時代時代でそれぞれ良さが有り、どれも素晴らしいカメラですが、私的には最新機がやはり最良だと実感しています(新し物好きなだけかも)

 

 

D850の悪い評価

 

【1ヶ月待ちましたが、なんと日本製では無いです】 再記入 いま気が付きました! MADE IN THAILANDとありました。 いままで故障したのは全てここの物、メーカーに言わせるとこれは日本で作って無いからと当たり前のように言われました。それが40万出してこれです。最悪です気が付いていれば購入しませんでした。そのくらい私は信用出来ません。満足度は5から2に下げました。 今まで海外撮影の故障で何度泣かされたことか、損害は何百万円です。それでもメーカーはいいとこ新品に交換するくらいで知らん顔!最低傑作の迷機にならないように祈ります。こんなものを何も考えないで購入した私は馬鹿です。

 

 

 

D850のレビューまとめ

 

やはり画質の良さと、なんでも出来る汎用性に対する評価が高いですね!

みなさん作例を載せてらっしゃいましたが、一段レベルの違う解像度でただのスナップ写真をでも身を見張る美しさがありました。

 

悪い評価であがった「日本製」で無い!という点ですが。

NikonはD4やD5のフラッグシップモデル以外は、ほとんどタイ製となっています。

最近ではニコン Dfも日本製でしたが、D850は発売前からタイ製になると言われていました。

 

 

 

D850の主なスペック

 

 

発売日 2017年9月8日
タイプ 一眼レフ
センサーサイズ フルサイズ
画素数 4575万画素
高感度 ISO64~25600
連写速度 9コマ/秒~7コマ/秒
シャッタースピード 1/8000~30秒
AF測距点 153点
液晶モニター 3.2インチ・236万ドット
ファインダー倍率 0.75倍
ファインダー視野率 100%
撮影可能枚数 1840枚
記録メディア XQDカード・SDカード・SDHCカード・SDXCカード
Wi-Fi
Bluetooth
NFC ×
本体サイズ 146幅)x124(高さ)x78.5(奥行) mm
重量 915g
実売価格 340,000前後

 

 

 

あまりにもスキのないスペック。

史上最強の一眼レフの名に相応しい性能。

 

このカメラ1台で高画素機・動体撮影機・バランス機の3つの要素が備わってるので、コストパフォーマンスも高いと言えますね!

 

 

D850の対抗機種

 

 SONYの高画素機シリーズ「α7 R」の最新モデル。 画素数自体は前モデルと変化がありませんが、高画素機の欠点をことごとく解消し、ミラーレスの中では最強のカメラと呼んでいいほどパワーアップしました! 初心者におすすめのカメラと言えば良くエン...
 プロ用の高速連写ができるフラッグシップモデル「EOS-1D X Mark II」を除けば、EOS 5D Mark IVがCanonの中で最もハイエンドモデルになる。 何かに特化したカメラではなく、何でも出来るを目指した一眼レフで、画質・連写・高感度・動画。ありとあらゆる性...

 

 

まとめ

 

こんな方におすすめ

  • ハイスペックなカメラが欲しい
  • とにかく写真の美しさを追求したい
  • 1台のカメラでどんなシーンも、クオリティが高い写真を撮りたい

 

繰り返しますが史上最強の一眼レフです。

一眼カメラはミラーレスへと移り変わっていますが、まだまだ主役の座は譲らないぜ!と言う意思を感じる一眼レフカメラ。

 

バッテリー持ちも同レベルのミラーレスと比べ、約2.5倍も大容量なのも魅力ですね。

良い一眼レフが欲しい。と思ったならD850を買っておけば後悔することはないです!

スポンサーリンク

おすすめブログ

-Nikon, 一眼レフ, フルサイズ, ハイエンドモデル, 4000万画素~, 高画質が特長, コストパフォーマンスが高い

Copyright© プリモカメラ , 2019 All Rights Reserved.