一眼レフ エントリーモデル APS-C 2000万画素~ PENTAX 夜に強い コストパフォーマンスが高い

【PENTAX K-70】高感度が特長のエントリーモデルの一眼レフ、その特徴とレビュー!

投稿日:2018年8月12日 更新日:

 

ペンタックスのエントリーモデルにあたるのが「K-70」です。

一見すると他のメーカーのカメラと、なんら変わらないように見えます。

 

ですがPENTAXのカメラはアウトドアスペックを謳っていまして、防塵防滴耐低温ボディとなっており、とてもタフなのが魅力!

さらに高感度性能も郡を抜いて高く、エントリーモデルとは思えないスペックを備えています。

 

 

スポンサーリンク

PENTAX K-70の特長


※画像引用元:リコー(http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/index.html

 

PENTAX K-70 3つの特長

・高感度性能ISO102400
・タフなボディ
・コストパフォーマンスに優れる

 

 

高感度性能ISO102400


※画像引用元:リコー(http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/index.html

 

PENTAXの特長の1つが、やたらと高感度性能が高いことがあげられます。

このK-70もエントリーモデルの一眼レフでありながら、ISO100~102400と言うとんでもない数値!

同価格帯の一眼レフは、最新型でもISO100~25600ですから単純に4倍も余裕のある性能となっています。

ISOの数値が高いほど、夜など暗い場所でも手ブレせずに撮影できるので、夜景やイルミネーションの時に活躍します!

 

 

タフなボディ


※画像引用元:リコー(http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/index.html

 

PENTAXのカメラはタフなことで有名。

公式でもアウトドアスペックの一眼レフとして紹介しています。

K-70は防塵防滴と−10℃耐寒ボディで、屋外での撮影も気兼ねなく行えますね。

 

屋外の撮影で気になるのが、空気中を舞うホコリや砂。

レンズ交換をする時にカメラ内部に侵入し、イメージセンサーが汚れてしまう原因となります。

 

K-70はイメージセンサーにSPコーティングを施し、砂やホコリが付着しにくいようになっており、さらに付着してしまった場合は、高速振動をおこす「ダストリムーバル」の機能で、砂やホコリをふるい落とします。

 

 

コストパフォーマンスに優れる


※画像引用元:リコー(http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/index.html

 

タフなボディに高い高感度性能。

またAPS-Cに特化したメーカーなので、画質も良いです。

これだけのスペックが揃っていたら、エントリーモデルとは言え価格が高くなってしまいそう…。

ちなみにCanonやNikonのエントリーモデルは、レンズキットで80,000円~100,000円ほどします。

 

しかしPENTAX K-70は、なんと75,000円前後と性能を考えればセール品のような安さ!

はじめての一眼レフと言えば、CanonやNikonを選ばれる方が多いですが、PENTAXも捨て難いスペックを持っています。

 

 

PENTAX K-70のレビューやインプレ

 

※レビューは価格.comより引用しています。

 

PENTAX K-70の良い評価

【ローコストハイパフォーマンス】
コスパが良すぎる
他社の対抗品がいかにぼったくってるかがよくわかる製品
AF性能が劣ると思ったが真ん中一本あれば良い事に気がついてからは特に気にしなくなった

 

【この価格でこの性能、この性能でこの価格】
同等クラスの他機種と比較してもワンランク上の機能を搭載。
中級機並みの機能を備えてレンズキットで10万円を切る。
とくに防滴・防塵はありがたい。 アウトドアでの撮影時に安心感がある。
画質とAFの機能がよいので、少し腕が上がった気分を味わえる。
特にアウトドアではその威力を発揮する。自然や風景を写すにはうってつけのモデル。

 

【完成度の高さが際立つ一台】
K-7以降すべての一桁機を使用し、現在はK-3Ⅱを使用中。価格、サイズ、重量を加味して今回購入に至る。一桁機と比べて色々切り捨てた部分があるにせよ、このカメラは非常にコストパフォーマンスもよく、完成度が高い一台だと思います。

 

 

PENTAX K-70の悪い評価

 

悪い評価はありませんでした!

一応、弱点と言えば動体撮影に弱いことでしょうか。

 

他のメーカーに比べるとAF測距点が少なく、オートフォーカスも高速な部類ではないので、予測不能な動きをする子供やペットの撮影は苦手かも…。

 

 

PENTAX K-70の主なスペック

 

発売日 2016年7月22日
タイプ 一眼レフ
センサーサイズ APS-C
画素数 2424万画素
高感度 IISO100~102400
連写速度 6コマ/秒
シャッタースピード 1/6000~30 秒
AF測距点 11点
液晶モニター 3.0インチ・92.1万ドット
ファインダー倍率 0.95倍
ファインダー視野率 100%
撮影可能枚数 480枚
記録メディア SDHCカード
SDカード
SDXCカード
Wi-Fi
Bluetooth ×
NFC ×
本体サイズ 125.5(幅)x93(高さ)x74(奥行) mm
重量 628g
実売価格 75,000円前後(レンズキット)

 

 

 

まとめ

こんな方におすすめ

  • コスパの良いカメラが欲しい
  • 夜間でもガンガン撮影したい
  • 耐久性のあるカメラが良い

 

 

 

CanonやNikonに比べると、どうしても知名度が低く使っている方が少ないですが、カメラの性能自体はかなり高い!

PENTAX K-70はエントリーモデルですが、実質はミドルクラスの一眼レフと言えます。

色んな場所に撮影しに行く方に、オススメできる一眼レフとなっています。

スポンサーリンク

おすすめブログ

-一眼レフ, エントリーモデル, APS-C, 2000万画素~, PENTAX, 夜に強い, コストパフォーマンスが高い

Copyright© プリモカメラ , 2019 All Rights Reserved.