Nikonのレンズ ズームレンズ

【AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR】被写体をグッと引き寄せる超望遠ズーム、その特徴とレビュー!

投稿日:2019年9月19日 更新日:

焦点距離80-400mmと、幅広い望遠域をカバーするズームレンズ。

「運動会レンズ」なんて呼称もあります。

 

400mmまで対応していますので、広いグラウンドでも被写体をグッと引き寄せてくれるレンズで、200mmの望遠ズームでは足りない事がある方にオススメな望遠ズームレンズですね!

 

スポンサーリンク

AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VRの特長


※画像引用元:Nikon(https://www.nikon-image.com/

 

AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR 3つの特長

  • スポーツ撮影が得意
  • ナノクリ搭載でお昼の撮影も安心
  • 望遠ズームの中でも高い解像度

 

 

 

スポーツ撮影が得意

 

焦点距離80-400mmと幅広いカバー域に対応してので、室内屋外問わずスポーツ撮影で活躍するレンズです。

 

経験豊富な方なら望遠単焦点でビシッと撮影出来るでしょうが、望遠レンズになれていない人だと距離感が分からない…。

なので手元でスルッと焦点距離を変えられるズームレンズはとても便利!

 

お子さんの運動会とかでも、前に場所を取り過ぎたとしても楽にカバーしてくれるレンズです。

また場所を確保できなかったとしても、400mmまで対応していますので、被写体をグッと引き寄せて撮影ができるので安心ですね。

 

 

ナノクリ搭載でお昼の撮影も安心

 

カンカン照りのお昼時に大敵となるのが、太陽の光によるフレアやゴースト。

 

太陽を背にして撮影するのであれば問題ありませんが、逆光での撮影だと場合によっては盛大にフレアやゴーストが出てしまうこともありますよね。

ですがAF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VRは、Nikonの誇るナノクリスタルコートが施されていて、逆光に強いレンズです!

 

ナノクリも過信してはいけませんが、やはりあったほうが安心して逆光下でも撮影が出来る。

 

 

望遠ズームの中でも高い解像度

 

AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VRは5倍ズームですので、ズーム倍率はそこそこ高い方になります。

 

ですがEDレンズスーパーEDレンズと言った高級素材を使い、倍率の高いズームレンズながら同時に高い解像度を実現したレンズ!

お値段もなかなか良いですが、便利かつ高画質な望遠ズームとしてかなり人気が高いです。

 

手ブレ補正は4.0段分と強力なものが搭載されていますので、超望遠レンズが初めての方や動きのあるスポーツ撮影でも助かりますね!

 

 

AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VRレビューやインプレ

 

※レビューは価格.comより引用しています。

 

AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VRの良い評価

【私にとっては一生もの】

費用対効果は、十分です。
D500との組み合わせですから、約120~約600mmとなります。
超望遠ズームとして重宝しています。
一方で、約120mm始まりです。
運動会、スポーツ観戦でのホコリの舞う中でレンズ交換はしたくありません。
撮影場所によって、標準ズームをつけての2台体制が必要ではないでしょうか。
表現力のところで少し記載しましたが、このレンズだからこの絵になる!ということはないと感じています。
カメラの設定でいかようにも変えることができます。
確かに、暗いところで動きの速い被写体の撮影では、明るいレンズには勝てません。
でも撮りようによっては、面白いものが撮れるということもあります。
購入して後悔することはないでしょう。
素晴らしいレンズです。
今後、手ぶれ補正が向上した新製品が出ても買い替えをしない一生ものになるのではないでしょうか?
人それぞれですが、私は”一生もの”と思っています。

【かなり優秀なライトバズーカ】

航空機(主にブルーインパルス)や新幹線の撮影に超望遠レンズが欲しくて、シグマの最新鋭レンズ60-600か当該レンズかで相当悩みました。

手持ち撮影が多くなりそうだったので、最終的には焦点距離よりレンズの重量で決めました。
それに600mmで撮影したかったらD500も所持しているのでそちらで焦点距離は稼げます。

操作性の所にも書きましたが、手ブレ補正がかなり強力です。キャノンユーザーの方にも試してもらいましたがこれには驚いていました。ニコンの技術力の高さを誇らしげに思えます。

また、80mmのところで鏡筒をロックできるのが嬉しいです。レンズを付けたまま歩き回っても鏡筒が伸びてくることもないので助かります。

カメラはD850との組み合わせて使用していますが、相性は抜群です。
まだ、そんなに撮影をしたわけではないですが、何枚か撮ってみた感じでは開放からもシャープ感があり満足度は高いレベルでした。
テレ端の400mmの描写も素晴らしく想像を超えた描写に満足しています。それに手持ち撮影をしてても安定して撮影ができるので信頼度も高く高画素機のD850の性能を存分に引き出してくれるレンズですね。

【超望遠のベストチョイス】

AFは爆速でかつ性格。AF-Cでの追従もめったに外すことなく信頼できる性能です。
手振れ補正も十分。半押しでピタッとファインダー内の像が止まります。
三脚座は多くの人が言うようにショボイですが、基本的にこのレンズでは手持ちで高速移動する飛行機を追っかけているので三脚にすえつける使い方はしていないため問題なしです。

総評としては自分にとっては「神レンズ」と表現しても良いかもしれません。D500との組合わせは本当に頼りになる強い武器です。

 

AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VRの悪い評価

【完成度が高いために不満点も… 】

AF精度は素晴らしいの一言です。大三元レンズには及びませんが負けず劣らずの速度と精度があります。D500との相性も大変良いと感じています。

しかし皆様もご指摘の通り、三脚座がとても貧弱で、三脚に取り付けた際非常に不安定です。購入を検討されている方は実際に店舗で確認された方が良いかと思います。
特にこれが大きな問題となるのはMFでのピント合わせの時です。フォーカスリングに軽く触れただけでファインダー内がゆらゆらとブレます。

非常に満足しているレンズなだけに三脚座に手を抜いた感が否めないところが残念です。

 

AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VRの主なスペック

発売日 2013年3月14日
対応マウント Nikon Fマウント
フルサイズ対応
レンズ構成 12群20枚
絞り羽根 9枚
焦点距離 80-400mm
最短撮影距離 1.5m
最大撮影倍率 1/5.1倍
開放F値 F4.5-5.6
画角 30.1~6.1°
手ブレ補正 ○(4.0段分)
防塵 ×
防滴 ×
フィルター径 77mm
本体サイズ 95.5x203mm
重量 1480g
実売価格 250,000円前後

 

 

AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VRの作例


※画像引用元:Nikon(https://www.nikon-image.com/

 

 

まとめ

こんな方におすすめ

  • スポーツ撮影や野鳥を撮りたい
  • 画質の良い超望遠ズームレンズを探している
  • 子どものイベントを写真に残したい

 

AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VRはお値段は高いものの、スキのないレンズとなっています。

70-300mmのズームレンズは100,000円前後で購入できますが、もう100,000円の予算を出せるのであればAF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VRを購入したほうが幸せになれるのは間違いなし。

 

その代わりそこそこ大きいレンズですので、持ち運びはちょっと難儀します。

 

AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VRを手にしてしまえば、よほどのことが無い限りは買い替えが必要なくなるので、レンズ沼にハマってしまっている方にも良さそうですね!

スポンサーリンク

おすすめブログ

-Nikonのレンズ, ズームレンズ

Copyright© プリモカメラ , 2019 All Rights Reserved.