ズームレンズ Sonyのレンズ

【FE 24-240mm F3.5-6.3 OSS SEL24240】とっても便利な10倍ズームレンズ、その特徴とレビュー!

2019年12月27日

 

広角から望遠までをカバーする、とっても便利なレンズ。

ズーム倍率は光学10倍を達成し、なんでもこれ1本で撮影出来てしまいます!

 

ズーム倍率が高いほど便利になりますが、その反面画質が犠牲になります。

FE 24-240mm F3.5-6.3 OSS SEL24240は10倍ズームですので高画質は期待できません。

作品つくりには向かないレンズですが、旅行などの記録用写真を撮るのには最適なレンズですね!

 

 

スポンサーリンク

FE 24-240mm F3.5-6.3 OSS SEL24240の特長


※画像引用元:Sony(https://www.sony.jp/

FE 24-240mm F3.5-6.3 OSS SEL24240 3つの特長

  • 光学10倍の便利なズームレンズ
  • 手ブレ補正を搭載し望遠撮影も安心
  • お子さんのイベントで大活躍

 

 

 

光学10倍の便利なズームレンズ

 

FE 24-240mm F3.5-6.3 OSS SEL24240は、高倍率ズームレンズと呼ばれるタイプ。

その特長は圧倒的な便利さです。

 

広角から望遠までをたった1本のレンズで撮影出来ますので、レンズ交換をする必要がありませんし、持ち歩くレンズもこれ1本で済みます。

他のズームレンズに比べて画質は悪くなりますが、高倍率ズームレンズは旅行に行く方や、あれこれレンズを替えるのがイヤな方に人気がありますね!

 

手ブレ補正を搭載し望遠撮影も安心

 

レンズ側に手ブレ補正が搭載されており、ボディ内手ブレ補正がないカメラには救世主のようなレンズです。

 

このレンズの発売当時は、SONYのカメラでもボディ内手ブレ補正のカメラは皆無でした。

ですので手ブレ補正が付いていたFE 24-240mm F3.5-6.3 OSS SEL24240は大変ありがたい存在。

手ブレが起こりやすい、望遠での撮影も安心して行えます。

 

APS-Cシリーズのいくつかのカメラと初代α7は、ボディ内手ブレ補正が搭載されていませんので、手ブレ補正が付いているレンズが欲しいですよね!

 

お子さんのイベントで大活躍

 

高倍率ズームの使い道はいくらでもありますが、特に旅行に行く方やパパさんママさんに人気が高いです。

 

特にお子様のお遊戯会運動会の撮影には便利で、離れたところからでもグッと引き寄せて撮影出来ますし、思いのほか近い場所でお子さんが競技されても、レンズ交換をすることなく広角側で撮影出来ます。

 

運動会やお遊戯会はレンズ交換しているお父さんお母さんを待ってはくれませんので、レンズ交換無しで広い焦点距離をカバーできる高倍率ズームレンズは強い味方となるでしょう!

 

 

FE 24-240mm F3.5-6.3 OSS SEL24240のレビューやインプレ

 

※レビューは価格.comより引用しています。

 

FE 24-240mm F3.5-6.3 OSS SEL24240の良い評価

【とてもずるがしこいレンズです】

とてもずるがしこいレンズ

a7s2です。
まさにレビュー通りの性能です。
満足いくっちゃーいくし描写性能は甘いっちゃー甘い。

初めてであればレビューにあるような描写性能の甘さには気づかないでしょう。
自分は1年間気づきませんでした。SEL70300と比較して初めて気づきました。

70mm以上のGレンズと比較ですが
描画能力はコンデジ以上Gレンズ以下といったところで、限りなくGレンズよりの性能だとおもいます。

24mmの広角側については、比較したことがありませんが、

おそらくなんですけどやっぱり
「満足いくっちゃーいくし描写性能は甘いっちゃー甘い」
んだとおもいます。

写真は広角側でとったものです。
とてもずるがしこいレンズだとおもいます。いまのところ自分の感覚では広角側はすごく解像していると思っています。

望遠側についてはGレンズの解像力に気づいてしまったので乗り換えます。

ちなみにSEL70300よりもFE70200F4の方が解像力は上だと思っています。FE70200の方が周辺の解像が落ちると実証されているとおりです。つまり背景がSEL70300よりもボケるんだとおもいます。

【一本持っていてもいいかな....と】

10倍ズームということで、どんなもんだろうと思っていましたが、想像以上でした。広角端の周辺減光も少し絞れば問題ありません。望遠端は甘いですね。撮影後にアンシャープをかけずにはいられない。でもまあアンシャープかければ使えないこともない。甘さただよう240mmまで使わずに200mm位で押さえればそんなに悪くないかと。

運動会レンズとして無駄にはならないと考えています。
以前はニコンを2台24~120mmと、70~300mmで撮影していましたが、SONYに乗り換えるにあたり1台で撮れる環境をと思いました。SONYを2台にしたら、また別のレンズを使うこともあると思いますが、わたしの目的としてはSEL24240を付けたA7M2でそこそこいけるんじゃないかと思っています。

【高倍率ズームにしてはと言うセリフ無しでもよく写るレンズ】

一昔前の高倍率ズームを使った事がある身としては予想以上の解像感としっかりした写りにちょっと驚きました、ずいぶん進化したものだなと、ただ暗いレンズなので夜は弱いです

a7r2とa6500で使用してますが
何かカメラに付けてもレンズの格好がタルみたいのが嫌でテンション下がり、売ろうかと思った事もありますが、この写りと動画のオートフォーカスの食い付きの良さに思いとどまりました、ただ個人的には広角はあまり使わず望遠が好きなので画格は28 ―300の方が良かった

 

FE 24-240mm F3.5-6.3 OSS SEL24240の悪い評価

【期待に報いて呉れなかった?】

まだ使い込んでいないので、断定は禁物ですが、コスパには疑問が残る。
各評価点数は値段との兼ね合いで、必ずしも絶対評価ではありません。

操作性:ズームが固い。

表現力:普通。タムロンXR Diと比べ期待したが、撮り比べるとシャープさなど大差ない。
    色合いはタムロンよりやや良い。
    諸収差はα7Ⅱとの組み合わせは純正の特権でさすがに良い。

携帯性:持ち出してみるとやっぱりズシリと重さを感じる。

機能性:AF,MFの切り替えがないのは分かって買ったが、やはり不便だった。

満足度:選択肢がない中で、純正欲しさに満を持して買いました。
    しかし、高倍率レンズにしては高価にも関わらず表現力を含め満足度は低かった。
    みなさん、このレンズは値が下がるまでは慎重に考えて下さいね。

【所詮は便利ズームの描写】

期待していなかったので、当初は購入するつもりはありませんでしたが、本命の90mmマクロが夏になりそうなので、衝動買いしています。

レンズを1本だけで済ませるのであれば、値段が高くても価値はあると判断していますが、これなら高級コンデジを購入した方が満足度は高かったと後悔しています。

描写の割には値段が高く、コスパはフルサイズのEマウントレンズ(SONY製)の中で1番悪いと感じました。

 

 

 

FE 24-240mm F3.5-6.3 OSS SEL24240の主なスペック

発売日 2015年3月15日
対応マウント SONY Eマウント
フルサイズ対応
レンズ構成 12群17枚
絞り羽根 7枚
焦点距離 24-240mm
最短撮影距離 0.5m
最大撮影倍率 0.27倍
開放F値 F3.5-6.3
画角 84~10°
手ブレ補正
防塵
防滴
フィルター径 72mm
本体サイズ 80.5x118.5mm
重量 780g
実売価格 110,000円前後

 

FE 24-240mm F3.5-6.3 OSS SEL24240の作例


※画像引用元:Sony(https://www.sony.jp/

 

 

まとめ

こんな方におすすめ

  • 旅用レンズとして使いたい方
  • お子さんのイベント用として
  • レンズ交換をするのがイヤな方

 

高倍率ズームはとても便利でレビューを見ても高評価ですね。

画質に関して悪いレビューを付けている方もいますが、それはお門違いかと思います。

 

画質を犠牲にして便利さを手に入れたのが高倍率ズームなので、画質が悪いというのは当たりまえのことですからね。

 

何でも1本でこなしたいのなら高倍率ズームレンズがオススメ!

パパさんママさんに大人気のジャンルです。

スポンサーリンク

おすすめブログ

-ズームレンズ, Sonyのレンズ

Copyright© プリモカメラ , 2020 All Rights Reserved.