Nikonのレンズ ズームレンズ

【AI AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF】マクロも搭載したコンパクトな標準ズーム、その特徴とレビュー!

投稿日:2019年4月16日 更新日:

 

発売が2002年と古めのレンズですが、現在でもファンが居る標準レンズ。

 

F2.8からはじまる明るさと、1/2倍のハーフマクロを搭載。

それでいてコンパクトなレンズとなっていますので、旅行にレンズ1本持っていくなら大活躍するレンズでしょう!

 

 

スポンサーリンク

AI AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IFの特長


※画像引用元:Nikon(https://www.nikon-image.com/

AI AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF 3つの特長

  • 柔らかい表現
  • 85mmまであるのでポートレートにも
  • ハーフマクロ搭載

 

 

柔らかい表現

 

解像度も高めですが、柔らかい表現が得意なレンズ。

色もすこしレトロな感じで出ますので、オールドレンズで撮影したような写真になりますね。

 

F2.8からの明るいレンズで、ボケ感を出すのも得意!

大三元よりも望遠側の焦点距離が長いので、作品つくりの幅が広いです。

 

 

85mmまであるのでポートレートにも

 

大三元レンズは70mmまでなのに対し、AI AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IFは85mmにまで対応。

F値は4となってしまいますが、ポートレートも撮りやすいズームレンズです。

 

もちろん85mmの単焦点レンズと比べれば、劣っているのは間違いありませんが、オールインワンレンズとして活躍してくれます!

 

 

ハーフマクロ搭載

 

35mm~85mmの焦点距離であれば、ハーフマクロを使用することができます。

 

標準ズームでマクロ機能があるのって貴重な存在ですよね。

焦点距離のカバー範囲、レンズのコンパクトさ、マクロ機能あり。

と、1本のレンズでどんだけ出来るんだと思わせてくれるレンズ。

 

マクロ機能は決しておまけ要素ではなく、このレンズを使っている方のレビューでは、マクロ機能への評価は高い!

 

 

AI AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IFのレビューやインプレ

 

※レビューは価格.comより引用しています。

 

AI AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IFの良い評価

【マクロ専用ズーム】

接写ならトップクラス?でもこれだけ近寄れれば当たり前ですかね、標準モードはイマイチ感あり。ズーミングでF4まで落ちるので手持ちの時は高感度カメラでないと屋内ポートレートはキツイと感じます。標準ズームとしてならタムロンの全域2.8の方が綺麗に撮れました。
FXで使うなら商品撮影等三脚でいきましょう!
少々辛口なこと書きましたが私はこのレンズD700で愛用してます。

今まで単焦点しか使用してこなかったためズームレンズがいかに便利なのか思い知らされました。ただ画質に関しては言われているとおりズームだと落ちます。広角側での撮影にてサービス版でも分かるくらいの悪さでした。コストパフォーマンすが良いと評価されていますが、何かを押し殺している点にも注目して購入された方がよろしいかと思います。利便性OR画質・・・いまだ悩んでいます。

感想文

 

AI AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IFの悪い評価

AF/MFを利用し、フィルムカメラで使った場合のインプレです。

操作性は悪くないですが、良い点も特にありません。
Nikonのボディー内モーター駆動に慣れていれば問題ないでしょう。AF/MFの切り替え機構が洗練されていません。

デジタルでは今ひとつ評価が良くないようです。銀塩では気になりませんが…。単焦点と比較すると一歩及びません。
色調は、淡いトーンが良く出て好印象です。モノクロも良い感じ。
ディストーションがやや目立ちます。
意外にマクロ機能が使えます。ボケもうるさくなりません。
常用ズームとして、良好な性能と思います。

AFはIFのため、ボディー内モーター駆動ですがかなり高速です。
しかしMF操作性が最悪に近く、特にピントリング操作角の設計がまずいので、MFカメラで使おうとしている方は一考を要します。サンプルが借りられれば、試してから購入した方が良いでしょう。

開放F値が明るく、焦点距離の設定も銀塩にはぴったりで、旅行に一本だけ持って行くなら重宝します。携帯性も最新の肥大化したレンズに比べると、まずまずでしょう。全体の造作はチープです。

ずん胴気味で、重く感じられ、ホールド性の評価が難しそうです。
ディストーションは、非球面レンズ2枚で、良く抑えられています。
発色・コントラストに就いてはよく分かりません。 最短撮影距離は
通常:0.5m / 35-85mmマクロ域:0.21m ですが (F100専用ケース
に収めるetc.の理由で) 鏡筒を縮める場合の操作を煩雑に感じた
記憶もあります (^^;;   評価は、2つ★半 (フィルム使用時) !

 

AI AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IFの主なスペック

発売日 2002年8月8日
対応マウント Nikon Fマウント
フルサイズ対応
レンズ構成 11群15枚
絞り羽根 9枚
焦点距離 24~85mm
最短撮影距離 0.5m
最大撮影倍率 0.17 倍
開放F値 F2.8-4
画角 84~28°
手ブレ補正 ×
防塵 ×
防滴 ×
フィルター径 72mm
本体サイズ 78.5x82.5mm
重量 545g
実売価格 71,000円前後

 

 

AI AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IFの作例


※画像引用元:Nikon(https://www.nikon-image.com/

 

 

まとめ

こんな方におすすめ

  • 標準ズームレンズを安く手に入れたい方
  • オールインワンで器用なレンズが欲しい
  • 旅行用にコンパクトなズームレンズが欲しい

 

古いレンズであるものの、使い勝手に優れた優等生。

新品価格はいまだ71,000円ほどと高いですが、中古であれば24,000円前後で取引されていますので、カメラを始めたばかりの方でも購入しやすいお値段だと思います。

 

初めての標準ズームレンズ、スナップ専用レンズとしていかがでしょうか。

スポンサーリンク

おすすめブログ

-Nikonのレンズ, ズームレンズ

Copyright© プリモカメラ , 2019 All Rights Reserved.