ズームレンズ Sonyのレンズ

【FE 12-24mm F4 G SEL1224G】Eマウントのなかで最も広角なズームレンズ、その特徴とレビュー!

2019年12月9日

 

SONY Eマウント用レンズとしてはもっとも広角なズームレンズ。

焦点距離12mmからスタートし、F値はズーム全域F4通し。

これだけのスペックを持っているのに、小型で軽量さも実現した凄いレンズです。

 

超広角のパースを効かせた写真を撮るのには最適な、超広角ズームレンズとなっていますね!

 

スポンサーリンク

FE 12-24mm F4 G SEL1224Gの特長


※画像引用元:Sony(https://www.sony.jp/

FE 12-24mm F4 G SEL1224G 3つの特長

  • 12-24mmの超広角ズーム
  • 小型&軽量を実現したレンズ
  • 新規光学設計で解像度も抜かりなし

 

 

12-24mmの超広角ズーム

 

焦点距離12mmが生み出す圧巻のワイドな世界。

ファインダーを覗いてみないと、一体どこまでが写っているのか想像するのが難しいほど、大空間を1枚の写真に収めることが出来ます。

 

しかし12mmほどの超広角となると、特有の歪みが発生してしまうものですが、FE 12-24mm F4 G SEL1224Gは超広角特有の歪みが極力抑えられています!

いちいちRAW現像ソフトなどで補正しなくても、そのまま使えてしまいますね。

 

 

小型&軽量を実現したレンズ

 

12-24mmとかなりの超広角で、しかもF4通しの明るめのズームレンズとなると、レンズ本体は大型で重くなってしまうもの…。

なのにFE 12-24mm F4 G SEL1224Gは小型で軽量に仕上げられています。

 

レンズの重量はわずか565g。

本体のサイズもコンパクトで、α7シリーズに装着しても違和感のない大きさになっています。

 

気軽に使える造りとなっているので、撮影が楽しくなりそうですね!

 

 

新規光学設計で解像度も抜かりなし

 

小型で軽量なFE 12-24mm F4 G SEL1224Gですが、写りの良さの方も抜かりなし!

 

新しい光学設計で、レンズの中央部はもちろんのこと画面周辺部もかなり高い解像度を維持しています。

レンズ性能の指標であるMTF曲線を見ても、かなりの高スペックさが分かり、GじゃなくてGMでも良いんじゃないかと思うレベル。

 

それでいてレンズは安めなので、SONYユーザーなら是非とも使いたいレンズですね!

 

FE 12-24mm F4 G SEL1224Gのレビューやインプレ

※レビューは価格.comより引用しています。

FE 12-24mm F4 G SEL1224Gの良い評価

【とにかく軽くて、写りも良いです】

広角が好きで、SIGMA12-24 F4 artが発売された際すぐに購入して、α7ⅱにSIGMAのアダプターをかまして使用していました。
写りは気に入っていましたが、アダプターを含めると
1.3kgもあり、重さに気後れをしていたところ、こちらのレンズが発売されるとすぐに購入し、1年弱使用しております。
特筆すべきはやはり軽さだと思います。SIGMAの半分弱の重さで、基本こちらのレンズをつけっぱなしにして使用しておりますが、全く気になりません。
画質も、SIGMAでは重さと引き換えてると自身を納得させておりましたが、純正といった安心感もあるのか、周辺まで十二分に解像していると感じます(広角なので周辺の流れはありますが、迫力があると捉えております)。 一方で、備え付けのフードではあまり効果が無いのか逆光ではすぐにゴーストが出ますが、うまく付き合えば好ましいものと思っております。
また、DMFも当然使用でき、カメラ本体の性能もフルに発揮できるといった点でも、優位性があると思います(腕が追いついてはおりませんが(笑))。
お値段はかなり張りますが、広角が好きな方には十分におススメ出来るレンズだと思います。

【なかなか良いですね】

F4ということで迷いましたが、夜景はほぼ撮らないのでまあ利便性を優先して24mmf1.4ではなくコチラを購入しました。
結果から言うとやはり、単焦点より便利(あたりまえか(笑))これ一本で12,14,16,18,20,22,24の単を持っているのと同等。
結構寄れるし、今後の撮影が楽しみです。
とりあえず、今週末紅葉でも撮りに行こうかと思案中。
購入したばかりなので部屋にあるものをパース(笑)を利かせて撮ってみましたヘタで申し訳ありません、ご参考に下さい。
迷ったけど購入して正解でした。

【ミラーレスの良さが生きる超広角ズーム】

発色が非常に良く空を入れた時の青は素晴らしいです。
コントラストも良好で、空が写った窓の質感などは艷やかで大変美しいです。
周辺像も安定しているので不満なく撮影出来ます。
パースが強烈で直線もよく出ますのでいろいろな表現が楽しめると思います。
Dレンジの広いソニーセンサーと合わせて風景撮影においてかなり優れた組み合わせだと思います。
写りは全体的に望遠24mm側より広角12mm側のほうが良いように思いました。

このレンズは焦点距離12mmまでの広い画角を気軽に高画質で楽しめるレンズで、Eマウントのカメラを選択する理由になりうる良いレンズだと思います。
一眼レフから初めてミラーレスに移った方にはミラーレスの良さを味わえる最も良いレンズだとおすすめできます。
動画を撮る方、建築を撮る方、風景を撮る方に特におすすめです。

FE 12-24mm F4 G SEL1224Gの悪い評価

 

今のところ悪い評価はありませんでした。

 

FE 12-24mm F4 G SEL1224Gの主なスペック

発売日 2017年7月7日
対応マウント SONY Eマウント
フルサイズ対応
レンズ構成 13群17枚
絞り羽根 7枚
焦点距離 12-24mm
最短撮影距離 0.28m
最大撮影倍率 0.14倍
開放F値 F4
画角 122~84°
手ブレ補正 ×
防塵
防滴
フィルター径 装着不可
本体サイズ 87x117.4mm
重量 565g
実売価格 165,000円前後

 

FE 12-24mm F4 G SEL1224Gの作例


※画像引用元:Sony(https://www.sony.jp/

 

 

まとめ

こんな方におすすめ

  • 12mmの超広角を使ってみたいかた
  • 風景や建築物を撮影されるかた
  • 小型軽量な超広角ズームレンズをお探しの方

 

SONY Eマウントレンズとしては最も広角なレンズで唯一無二。

圧倒的なワイドさとパースで、とてもダイナミックな写真を撮ることが出来ます。

 

またこれほどの超広角レンズですと難易度が高いため、写真の腕を上げたいとお考えの方にも良いですね。

写る範囲が広すぎて、しっかり考えて撮影しないと何を撮りたかったのかが伝わらない、ボツ写真を量産してしまいます。

 

お値段は165,000円前後と決して安いとは言えないレンズですが、レンズスペックを考えればバーゲン価格と言ってもいい。

SONYのミラーレスを使うのなら、是非とも使ってみたいレンズですね!

スポンサーリンク

おすすめブログ

-ズームレンズ, Sonyのレンズ

Copyright© プリモカメラ , 2020 All Rights Reserved.